自作PCを作成するために必要なパーツを入手しよう!

メンズ

製作の手順を把握する

自作PCを作成する際には適した手順があります。まずはCPUを取り付け、メモリを取り付けます。その後、各種パーツを取り付けていくという流れになります。取り付ける部品は多岐に渡ります。

女の人

部品選びの視点

自作PC製作を始めるにあたり、まずは自分のニーズについてよく検討しておきたいところです。目的によってパーツ選びは最初から変わってきます。ゲーミングならハイグレードタイプ、ネットサーフィンなら廉価版でOKです。

パソコンを操作する人

購入の方法は様々

自作PC用のパーツを買う方法は色々とあります。お馴染みの家電量販店のコーナーに出かけたり、秋葉原の専門店に行く等、色々な方法でゲットする事が出来ます。また最近ではネットショッピングもあります。

PC

費用を抑えられる

同じ予算でも既製品と自作PCでは雲泥の差が生まれます。当然自分で製作した方がコストパフォーマンスは高くなります。上手に組むことで料金を抑えることが出来る点がメリットといえます。

ノートパソコンと部品

最初に用途を考えよう

マシンのスペックによって自作PCに掛かる費用は変わります。いきなり適当に組み始めるのではなく、先にコンセプトを考えましょう。スタンダードなモデルだと、お安く製作出来ます。

パソコン

多くの魅力がある

自作PCを扱うことによってPCの仕組みや構造を理解し、トラブルや不具合も自分で対処できる知識を身につけることができます。カスタマイズや組み立てを繰り返すことにより、知識も経験も深まっていきます。

男女

パーツ選びに注意

自分の好きなパーツを選べるのが、自作PCの最大の魅力です。それだけに、どのようなパーツを選ぶのかによって、今後を大きく左右します。電源の容量不足を防ぐため、ユニットはしっかりしたものを選びましょう。

部品は前もって揃えよう

PC

部品は前もって揃えよう

自作PCには色々なパーツが必要であり、全てを列挙する事は難しいです。主要なパーツだけを挙げてみましょう。まず自作PCを始めるにあたり、電源パーツやマザーボードは必須です。これは船で言えば竜骨、車で言えば土台のような部分です。この基盤と電力の供給部分がなければ、マシンは稼働しません。まさに船や車でいうところの背骨に相当するのが、電源とマザーボードのパーツですので、自作PCを始める時は、この2点の部品に可能な限り、お金を準備したいところです。有り体に言えば、他の部品は故障したり、気に入らない事があれば気軽に交換出来ますが、電源とマザーボードはまさに要ですので、取り返しが出来ません。次にメモリやCPU、そしてグラフィックボードといったお馴染みの部品が自作PCに要ります。メモリは車で言うところのエンジンの強さに相当します。重たい作業を予定しているなら、4GBではパワー不足です。最低でも8GB、出来れば16GBは欲しいところです。CPUですが、これは自作PCの頭脳であり、処理能力の高低に大きく関わるところです。メモリを潤沢に搭載しても、肝心の処理能力が低いと、ポテンシャルが発揮出来ません。CPUは交換がシビアなので出来る限りスタンダード以上のパーツをチョイスしたいところです。最後にグラフィックボードですが、こちらは基盤に付属している場合もあり、オンラインゲームや3Dゲームをプレイしない方であれば、オンボードのものを流用してもOKです。